06-6777-3688

9:30~18:30 (土日祝休み)

お見積り

[大阪本社]
〒541-0058
大阪市中央区南久宝寺町1-7-10-201
TEL:06-6777-3688

[東京オフィス]
〒151-0053
東京都渋谷区代々木1-25-5
TEL:03-4405-4592

[大阪本社]
〒541-0058
大阪市中央区南久宝寺町1-7-10-201
TEL:06-6777-3688

[東京オフィス]
〒151-0053
東京都渋谷区代々木1-25-5
TEL:03-4405-4592

トピックスBlog

カテゴリ

公開日:2021年8月27日/最終更新日:2021年8月27日

ホームページ制作が得意な英語翻訳会社ならではの強み。その特徴、料金、依頼の流れをまるごと解説します。

翻訳情報
目次
  1. ホームページ制作が得意な英語翻訳会社が求められる理由
    1. グローバル企業が増えている
    2. 一括受注で時短&コストカット
    3. システム面での強み
  2. グローバルなこの時代。多言語化は非常に重要
    1. 多言語化で得られるもの
    2. AI翻訳と通常の翻訳の違い
  3. どこに英語翻訳を発注するのがお得?
    1. 自動翻訳ツールを利用
    2. クラウドソーシングを利用
    3. 英語翻訳サービス(会社)を利用
  4. 選ばれているホームページ制作会社の特徴
    1. ホームページ制作会社を見るポイント
    2. ファーストネットジャパンへ依頼する強みは?
  5. リーズナブルな料金設定
    1. 選びやすい料金プラン
    2. エコノミー翻訳
    3. スタンダード翻訳
    4. ハイクオリティ翻訳
  6. 信頼を大切にする翻訳サービス
    1. ネイティブ&ハイレベル資格取得者が対応
    2. 3ヶ月間無償の修正対応
    3. スピード納品がモットー
    4. 実績について
  7. 納品までの流れ
    1. 見積もりについて

弊社はこれまで数多く英語翻訳のご依頼を承ってきましたが、他の事業としてホームページの制作を請け負っております。

近年はより一層「ホームページをグローバルにしたい」とご希望される企業様が増えてきたと感じています。

海外で広く事業を手掛ける企業様以外にも、英語対応したホームページを作って、これからビジネスチャンスに繋げたいという企業様も多くいらっしゃるのです。

こうした際に、別のホームページ制作会社にお願いするよりも、ホームページ制作も英語翻訳も一気に引き受けてくれる会社に依頼すると、何かとお得になる場合があります。まさに弊社もそうなのですが、こういった会社はまとめて受注するのでロスが少なく、依頼者様の得になる場合が多いのです。

そのあたりも含めた実情を今回お話していきたいと思います。

大阪のホームページ制作会社ファーストネットジャパン

ホームページ制作が得意な英語翻訳会社が求められる理由

ホームページ制作が得意な英語翻訳会社は、今後はより一層必要とされていくと感じており、それには以下のような理由が挙げられます。

  • グローバル企業が増えている
  • 一括受注だから時短&コストカット
  • システム開発

では、それぞれ説明していきたいと思います。

グローバル企業が増えている

弊社はホームページ制作会社としてもこれまで多くのホームページを制作してきましたが、近年は本当にグローバル化の需要が高まっている状態です。多くの企業様が海外市場に目を向けている、ということでもありますが、確かに海外は人口が増えている国もたくさんありますし、急激に経済発展している国もたくさんあります。ビジネス的に言うと、本当に無視できないほど大きなチャンスが広がっているわけです。

グローバルのイメージ

また、これには日本の人口は年々少なくなり市場規模も小さくなっていっている、という要因も含まれています。海外にビジネスチャンスを見出すならば、当然外国語に対応したホームページは必要になるでしょう。

特に世界で10億人以上が話していて、使用する国が多い英語化の需要は非常に大きく、多くの企業がそれを求めると同時に、世間では英語翻訳サービスもどんどん増えてきています。英語は世界共通語とも言われますし、少しでも海外と接点がある、もしくは海外にも目を向けていきたいと考えている企業であれば、ホームページ英語化は非常にチャンスに繋つながっていくのではないでしょうか。

一括受注で時短&コストカット

ホームページ制作と英語翻訳の一括受注は「時短になる」という強みがあります。発注がまとめて1回で済むので時間のロスが少ないですし、これが別々の会社への発注でしたら、どうしても要望などの聞き取りが二重になりますから、これがないということなので大きな時短につながっています。そんなに大きなロスではないのでは?と思われるかもしれませんが、時短以外にコストカット効果も非常に高いのです。

一括受注で時短になるということは、それだけかける手間が少ないということで、手間が少ないということはかかるコストも少なくなります。手間やロスが少ないからこそ、時短&コストカットにつながるわけです。

システム面での強み

たとえばあなたがGoogleのあるページにアクセスしたとします。文章はすべて日本語で書かれているのですが、このページはもともと英語で書かれたものでした。どの国からアクセスが来たのか?をGoogleが識別して、その国の言語で書かれたページが自動表示されたわけです。

Googleヘルプページ

ほかにも、アクセスした時は英語で書かれているけれど、メニューから訪問者自身が日本語なりフランス語なりを選ぶというタイプのホームページもあります。日本からアクセスしているからと言って、その人が日本人とは限らず、もしかしたらアメリカ人かもしれません。その場合、自分で言語を選ぶというのは大変利便性が高いと言えます。今のはかなり限定的な状況での例えでしたが、こうしたニーズは数々存在しているわけです。

  • どういった言語切り替えにすればいいのか
  • 絶対に翻訳するべきページはどれなのか

本当に使いやすいホームページにするには、こういったことも考えなければなりませんから、ホームページ制作会社の英語翻訳サービスを頼れば、まず的確で最適な翻訳をしてくれるでしょう。こうしたシステム的な理由もあるので、英語翻訳が得意なホームページ制作会社への発注には大きなメリットがあると言えます。

グローバルなこの時代。多言語化は非常に重要

先述したように、ビジネス的にも文化的にも海外との結びつきはより大きくなり、グローバルな時代が加速しています。ウェブの世界でも同様に、グローバルに対応したホームページが評価されていくことになるでしょう。それだけホームページの多言語化には、多くのユーザーのニーズがあるのです。

多言語化で得られるもの

訪日外国人が年々増えているため、たとえば公共機関が災害時の避難指示情報をウェブに出す際に、外国人にも分かる形で掲載する必要があります。万が一に備えてグローバル対応しておくのが理想と言えるでしょう。

次に飲食店。外国人観光客の利用が最近増えてきたというお店なら、ホームページをグローバル対応しておくとさらに新規のお客さんが見込めるかもしれません。口コミサイトやお店のホームページを見て行く日本人客は多いと思いますが、しっかり調べて行きたいのは外国人観光客も同じだと思います。日本語ページのみのお店ばかりの中、英語に完全対応したお店のページがあれば、安心して選んでくれる外国人も少なくないかもしれません。

レストラン店内

また、現在ではインターネットの発達で、さまざまな情報がより一層海外から入手しやすくなりましたし、交流も増えました。実際にTwitterなどで外国人をフォローしている・されているという人は少なくないのではないでしょうか。

情報のやりとり以外でも、通販アプリなどで外国人と物品のやり取りを気楽にしやすい時代となりました。着実に海外との「ビジネス」の敷居が低くなっていると感じませんでしょうか?そんな時代だからこそ、ホームページの英語対応は非常に価値のあることだと言えるのです。

AI翻訳と通常の翻訳の違い

今ではさまざまなウェブツールにAIが取り入れられ、翻訳の業界にもその波がやって来ました。ひと昔に比べて精度も高くなっていると感じますが、それでもまだ「読みやすくなった」と言えるレベルなのです。それで十分なのでは?と思われるかもしれませんが、現在のAI技術ではまだまだ文章の意図を汲み取って、表現することまでは難しいのです。

1つ例を挙げますが、ある外国人が何かいいインテリアはないかと、日本のお店のホームページを物色しているとします。安くて便利な自動翻訳ツールを導入しているホームページもいくつかあったため、それらはちゃんと読むことはできたのですが、結局はプロの翻訳が監修したホームページが購入の最有力候補になりました。

和風インテリア

インテリアと言うと、質や値段が非常に重要な要素になる商品だと思いますが、もう1つ大事な要素として「信頼性」もここに入ります。英語に翻訳できているホームページという点では同じなものの、やはり自動翻訳ツールではネイティブの人にとって「ただたどしい」と思われてしまうものなのです。

あなたも日本語で書かれているのに少し言い回しが独特、意味は分かるけど何だかたどたどしい、そんなウェブページを見た経験があるはずです。これは翻訳ツールを使って書かれた、もしくは日本語が少し得意な人が書いたページがほとんどで、やはり日本人もしくは腕の立つプロ翻訳が書いたページとは違います。意味はどちらのページでも通じるので問題はないでしょうが、商品を外国サイトで購入しようという時に、どうしても安全性を考えますよね。安い商品でもそうでしょうし、高い商品ならなおさらです。

ホームページ表示

外国人が高いインテリアを、日本のお店(その人にとっては外国のお店)のホームページで購入するのですから、どうしても安全性・信頼性を考えてしまうことでしょう。確実にビジネスチャンスを逃さず捕らえるために、しっかりとした翻訳を依頼することはまったくムダな費用だとは言い難いです。

どこに英語翻訳を発注するのがお得?

グローバル化がどんどん進んでいる現在ですが、社内に翻訳担当がいるという会社はあまり多くないのではないでしょうか。ホームページをしっかりと多言語化するには、しっかりとした翻訳が必要なので、いないとなるとどこかに依頼する必要があります。依頼する先としては、以下のようなところがまず候補に上がるでしょう。

  • 自動翻訳ツール
  • クラウドソーシング
  • 英語翻訳サービス(会社)

まずは自動翻訳ツールの利用から説明します。

自動翻訳ツールを利用

AIロボット

先述したように、自動翻訳ツールは非常にコストを抑えやすいものなのですがクオリティではやはり人間には敵いません。近年はAIで精度も上がっており、専門用語や最新用語にも明るくなっていますが、文章の意図・繊細なニュアンスを表現するのは大変苦手な面があります。

安さが一番重要という方は自動翻訳ツールを選んでも良いでしょう。都度注文するタイプや月額制などさまざまな種類があって、用途によって選びやすいです。ただ、本当に信頼性が必要な重要ページはプロの翻訳に頼む、という「使い分け」も考えられるでしょう。

クラウドソーシングを利用

クラウドソーシング画面

クラウドソーシング(サイト)は、スキルを持った人に低価格で仕事を発注できる仕組みとなっており、英語翻訳が専門の法人やフリーランスに相場より安く発注できる可能性があります。しかし翻訳者のレベル感はさまざまで、一人ひとり実績を細かく見て、発注する人を選ばないと時間と費用をロスするリスクは小さくありません。翻訳者を見る目に自信がある方は選んでもよいでしょう。

英語翻訳サービス(会社)を利用

最もスタンダードなのがこの英語の翻訳サービス・翻訳会社の利用で、こちらも翻訳のレベルはさまざまですが、基本的に会社ですし活躍中のプロが在籍しているので、信頼性と安定性は抜群です。気になる点はやはり費用だと思いますが、クオリティやスピードも大事という方は英語翻訳サービスを選ぶほうが無難でしょう。

選ばれているホームページ制作会社の特徴

英語対応したホームページをこれから作りたい、もしくは最初から新しいものに作り変えたいという企業様も多いと思います。その場合にまずホームページ制作会社に依頼という流れになると思いますが、どのような制作会社を選ぶのが正解なのでしょうか?

ホームページ制作会社を見るポイント

さまざまな見るポイントはありますが、以下が主なところです。

  • クオリティが高い
  • スピーディーな納品
  • 実績が豊富
  • グローバルSEO対応
  • グローバルなデザインが可能

英語に対応したグローバルなホームページを作るのが目的ですから、やはり海外向けのSEOやグローバルなデザインなどに注目しておきたいです。同じ意味の文章でも言語によって文字数は大きく変わりますし、文字の形も違うのでデザインの観点から言っても、それぞれの言語にサイトデザインが合っているかを考える必要があります。

earth

企業の顔とも呼べるホームページですから、本当はもっとたくさんのポイントを見て制作会社を選んでいくのが大切ですが、まず確実に上記ポイントは押さえておくことが重要です。

ファーストネットジャパンへ依頼する強みは?

弊社は長年ホームページ制作会社として、大企業から個人まで多くのホームページ制作案件を受注してきた実績があります。その上で、グローバルに対応したい企業様のニーズに応えるため本格的な翻訳サービスも現在提供中です。

ホームページ制作サービスの詳細はこちら

多言語対応したホームページを作りたい場合、先述したように英語翻訳ができるホームページ制作会社に発注すれば、コストカットなどさまざまな面でメリットがあります。

ファーストネットジャパンの主なサービス
  • ウェブ制作
  • ウェブマーケティング
  • デザイン
  • 翻訳サービス

弊社はこの4つのサービスをメインにしていますが、それぞれのサービス内容を常に高いレベルで提供していますし、実際にお客様から多くのご満足の声をいただいてきました。そのため、先述した「ホームページ制作会社を見るポイント」を十二分に満たすことができ、グローバルなホームページを作ることにおいて、強く自信を持っております。

リーズナブルな料金設定

それではここからは、弊社「ファーストネット翻訳サービス」について内容を詳しく解説していきましょう。お客様の都合によって、またホームページの用途によって、お考えの予算はさまざまあると思います。クオリティを確保しながらも、できる限りリーズナブルにサービスを提供できないか?と弊社はお客様のために一生懸命考え、3つの翻訳形式(料金プラン)を用意しました。

選びやすい料金プラン

3つの料金プランの、1文字(1単語)あたりの最低単価は以下の通りです。

 日本語 → 英語(日本語1文字につき)英語 → 日本語(英語1単語につき)
エコノミー翻訳8円~9円~
スタンダード翻訳10円~11円~
ハイクオリティ翻訳17円~19円~

英語翻訳の料金詳細はこちら

この最低単価が標準的な単価となり、内容の専門性や難易度が高い場合は、それに応じた単価がプラスされる仕組みです。どういった内容だと専門性が高いと判断されるのか、また何円くらい単価が上がるのかについては、無料お見積りにて詳しくご説明させていただきます。また1案件につき最低6,000円からの対応となっており、比較的低価格です。

資料

弊社はこの低価格にこだわっていますから、もしも別の翻訳会社でここより安い見積もり書がありましたら、ご提示くだされば見積もり金額をまた見直しさせていただきます。これは、どこよりも安い翻訳サービスを提供するための決意表明です。では、ここからは料金プランを1つずつ解説していきましょう。

翻訳タイプ

エコノミー翻訳

エコノミー翻訳とは、実務経験が3年未満の翻訳者が担当させていただく料金プランです。比較的経験が新しいものの、間違いなくプロの翻訳者が対応する翻訳サービスとなっていますので、実用性とスピーディーさについては日々高い評価を受けています。

スタンダード翻訳

こちらは実務経験3年以上の翻訳者が行うプランになっており、この3年というのは翻訳業界だと経験豊富かどうかの目安の一つになっています。実務経験が1年でも10年以上でも、同じ料金で対応する翻訳サービスも世間には多います。しかし弊社では、3年未満・3年以上で区分を作ることで、よりお客様がリーズナブルにサービスを受けやすい環境を作ることができました。

よりお求めやすい選択肢の提示として、こういったプランを用意させていただきましたので、ぜひ皆様ご活用いただければと思います。

ハイクオリティ翻訳

こちらはスタンダード翻訳を担当している、3年以上の翻訳者が2人態勢で翻訳を行うプランとなっています。最高レベルで正確な翻訳が必要とされるお客様は、ぜひこのハイクオリティ翻訳をご利用ください。

翻訳サービスの料金詳細はこちら

信頼を大切にする翻訳サービス

よりよい翻訳サービスを提供するため、そして不安なくご依頼を任せてもらうために、これから説明するような「信頼」に基づくサービス内容を用意しました。

ネイティブ&ハイレベル資格取得者が対応

弊社の翻訳サービスでは、ネイティブ翻訳者もしくはハイレベル資格取得者が対応しています。

まず日本語から英語の場合はネイティブ翻訳者が対応しており、母国語だから英語はもちろんのこと、日本語能力試験(JLPT)のN1を取得しているので、日本語に関してもまず問題なく扱える人材です。(N1からN5まで段階があり、N1が最高ランク)英語から日本語の場合はTOEIC900点以上+英検1級と、ハイレベルな条件で翻訳者を採用しています。

専門業者

日頃さまざまな分野のホームページの翻訳をご相談されますが、その時々で最もその分野に詳しい翻訳者に対応してもらっているため、これが内容のクオリティアップに繋がる理由の1つになっています。ただ翻訳するだけではAIの自動翻訳ツールと変わりませんから、翻訳者にはさまざまな経歴・経験・知識を求めて採用しているのです。

3ヶ月間無償の修正対応

ファーストネット翻訳サービスでは、納品後の修正対応を無償で行っており、期間は納品日から3ヶ月です。弊社は常に、お客様のこと、納品させていただいたホームページのことを本当に注意深く考えております。しっかりとした翻訳でお客様のホームページに役立てるように、充実の修正対応を用意させていただきました。

スピード納品がモットー

時計

弊社翻訳サービスでは、スピード納品をモットーにしております。翻訳はスピード感が大事だと考えており、特にグローバル向けのビジネスの世界でもスピード感は重要視されていることと思いますので、クオリティ・お求めやすい価格も伴った弊社翻訳サービスをぜひご検討ください。

実績について

弊社はホームページ、紙媒体向け(マニュアル・契約書など)、映像向けの翻訳とさまざまなご要望の形に対応しており、これまで以下のような官公庁・企業様からご依頼を承ってきました。

経済産業省・株式会社電通・株式会社テレビ朝日・スイスホテル南海大阪など

弊社の翻訳サービスにはこのような実績がありますから、ホームページ制作依頼時にグローバル対応をご希望の方はぜひ検討いただけると嬉しく思います。

納品までの流れ

ファーストネット翻訳サービスの納品までの流れを説明していきましょう。

  • 1.ご依頼(お見積りフォーム・電話)
  • 2.無料見積り
  • 3.ヒアリング
  • 4.ご契約
  • 5.作業開始
  • 6.納品

このように、ご依頼から納品まで非常にシンプルな体系で、特にホームページ(原稿データ)や納期の確認などはお見積りフォームで簡単に済みますし、見積もりも完全無料です。それでは、詳しい部分をこれから解説していきます。

見積もりについて

ネットワーク

ご依頼はお電話からでもお見積りフォームからでも大丈夫です。特にお見積りフォームなら、納期・予算・翻訳方式(料金プラン)入力・原稿データ送信などが1ステップで済みます。ホームページの英語対応をご相談される方は、ホームページURLとお手数ですが文字数(もしくは単語数)を書いてフォームからご送信ください。

見積もりが完了しましたら、ヒアリング対応いたしますので、よろしければご契約、すぐに作業開始と非常にスピーディーです。

個人のお客様は基本的に前払いでお願いしておりますが、法人のお客様についてはご相談いただければと思います。

ファーストネット翻訳サービスでは、英語・中国語・韓国語・フランス語・ドイツ語・オランダ語・イタリア語・ロシア語・スペイン語・ポルトガル語・タイ語・ベトナム語などの多くの言語に対応した大阪の翻訳会社です。
1文字8円~の高品質・低価格!ホームページやマニュアル、契約書、ニュース、設置案内板、映像動画の素起こし翻訳も可能です。弊社は数百人のフリーランスの翻訳者を常時確保しており、多種多様な言語を翻訳できる翻訳代行会社として業務をしております。

お見積りご相談はこちらをクリック