06-6777-3688

9:30~18:30 (土日祝休み)

お見積り

[大阪本社]
〒541-0058
大阪市中央区南久宝寺町1-7-10-201
TEL:06-6777-3688

[東京オフィス]
〒151-0053
東京都渋谷区代々木1-25-5
TEL:03-4405-4592

[大阪本社]
〒541-0058
大阪市中央区南久宝寺町1-7-10-201
TEL:06-6777-3688

[東京オフィス]
〒151-0053
東京都渋谷区代々木1-25-5
TEL:03-4405-4592

トピックスBlog

最終更新日:2023年2月3日

翻訳会社のおすすめ12選!選び方のポイントとランキングで比較し紹介

翻訳会社

おすすめ翻訳会社
選び方のポイントとランキングで比較し紹介

グローバル化の時代になり、世界の国々が身近になっています。

このため、ビジネスや日常生活で、英語などの外国語が必要な場面はますます増えていきます。

特に人口減少社会・日本において、企業の成長や地域の発展を図るには、海外とのつながりは必須です。

通常の会話であれば、なるべく通訳を挟まないことが好ましいですが、海外企業との商談や契約交渉、自社の商品サービスの発信、学術論文の投稿など、オフィシャルな情報を海外向けに発信する場合は、伝えたい国や地域に合わせた言語や習慣を理解し、正確・適切に作成する必要があります。

しかしプロの翻訳会社や翻訳家の中から、多言語対応可能で、自社のニーズにあった依頼先を探すのは大変です。

そこで当記事ではまず、翻訳会社の選び方のポイントを解説します。

さらに多言語対応可能な翻訳会社のなかから、当記事でおすすめの12社をご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

Webサイトの翻訳で
お困りごとはありませんか?

英語・中国語の翻訳会社なら【ファーストネット翻訳サービス】

  • 経産省・電通・テレビ朝日などの大手企業から官公庁も利用
  • 「高品質」「低価格」「スピード翻訳」が特長
  • 「日本語能力N1を取得しているネイティブ翻訳者」「TOEIC900オーバーで英検1級を保有している日本人」など各分野に精通した翻訳者が担当

英語・中国語・韓国語・フランス語・ドイツ語・オランダ語・イタリア語・ロシア語・スペイン語・ポルトガル語・タイ語・ベトナム語・やさしい日本語に対応した……

「ファーストネット翻訳サービス」へご相談ください!

【無料お見積り】はこちら

目次

翻訳会社へ依頼するメリット・デメリット

ではまず、翻訳会社へ依頼するメリットとデメリットを簡単に解説します。

メリット

正確さと品質が担保された翻訳文書を作ってもらえる

マニュアル・仕様書・契約書など特に専門性の高い分野の文書は、日本語でも1万文字を超えるものも珍しくありません。

こうしたボリュームの文書を翻訳するのは、自力では労力がかかりすぎます。

翻訳会社と契約すると効率よく作業が進みますし、納品前のチェックも徹底してもらえます。

専門分野に強い翻訳会社であれば、該当分野に精通したスタッフによる、正確な訳文ができあがります。

さらに、ネイティブスピーカーによる校正作業と、原文と翻訳文書を照合するチェックを徹底しますので、正確さと分かりやすさを備えた文章が出来上がるのです。

伝わりやすい文章の体裁に仕上げてくれる

ほとんどの翻訳会社は、納品物のデザインやレイアウトといった業務にも対応しています。

文章の見た目やバランスにも配慮し、マニュアルやプレゼン資料、契約書などに仕上げてくれるのも、翻訳会社へ委託するメリットのひとつです。

社内の人的リソースを有効活用できる

海外とのビジネスにおいて、文書の翻訳は業務のひとつに過ぎません。

ビジネスを進めるには、日常的に電話やオンライン会議などでコミュニケーションを取る必要があります。

現地市場の動向や、消費者のニーズを探る調査も必要になります。

よって文書の翻訳を専門の会社に頼むことで、限られた人的リソースをビジネス本体に集中させることが可能になります。

世界中の言語に対応できるとビジネスチャンスが大きく広がる

世界には、希少言語や方言を含めると5,000以上の言語があるとさえいわれています。

アフリカで使われている言語だと、日本語も理解する現地出身の方を見つけるのは困難な場合がほとんど。

翻訳会社によっては、マイナーな言語の翻訳にも対応可能なので、よりきめ細かな言語対応ができるようになると、ビジネスチャンスも増えるのではないでしょうか。

デメリット

翻訳会社に依頼するデメリットとして、何が考えられるでしょうか。

それはやはり、翻訳のコストです。
通常、翻訳会社では、翻訳者とネイティブのチェッカーが相互にチェックし、最終的に会社の責任者が確認したうえで納品します。

おおよその相場としては、1文字当たり15~20円前後です。

しかし言語の種類や文書の専門性及び字数によっては、これ以上になることもあります。

正式に依頼する前に、見積もりを取って、実際いくらくらいになるか確認しておきましょう。

たとえ、何万円~何十万円程度費用が掛かったとしても、海外進出には現地の言語への対応が不可欠であり、それは必要経費です。

ビジネスの行方を左右する文書の作成は、プロの翻訳会社に依頼すべきでしょう。

多言語対応可能で自社のニーズにあった翻訳会社を選ぶ際に失敗しない7つのポイントと注意点

多言語対応可能で自社のニーズにあった翻訳会社を選ぶ際に失敗しない7つのポイントと注意点

当記事でこれからご紹介する多言語対応可能な翻訳会社のなかから、貴社のニーズに合った会社を選ぶ際に、失敗しないためのポイントを7つに整理しました。

適切な経験や資格を持ったネイティブが翻訳をしているか

翻訳会社で翻訳に従事するスタッフに、翻訳文書に適合する経験や資格を持ったネイティブがいるかどうか。

医薬の文書であれば、医療・製薬業界における実務経験や、ヘルスケアに関係する有資格者がベストです。

専門用語に精通し、専門分野の最新動向もフォローしていないと、適切な文書に仕上げることは難しいでしょう。

自社のニーズに合った専門分野や媒体に対応しているか

最近の翻訳会社は、幅広い分野に対応できるケースが多いです。

文書だけでなく、プレゼン資料、販促物、映像媒体、ホームページなど、翻訳を依頼される媒体の種類も多岐にわたります。

文書作成のほか、訳文を使う媒体に応じた成果物として納品してもらえると、すぐに活用できるので助かります。

自社のニーズに合った言語に対応しているか

当たり前のことですが、発信したい市場に合わせた言語にしっかり対応している会社に依頼しましょう。

文書作成だけでなく、現地事情やルールを踏まえ、マニュアルなどをローカライズしてくれる翻訳会社もあります。

複数の公用語がある国向けの場合(例:カナダなど)は、対応が必要な言語が最低でも2種類必要かもしれません。

こういった需要にも対応してくれるかどうか、確認しておきましょう。

納品のスピードは速いか

納品までのスピードの速さは大切なポイントです。

ただし、求める品質やボリュームによって発生する工数を、むやみに短縮させないほうがよいでしょう。

専門スタッフの能力を十分に発揮させるためにも、ある程度余裕を持ったスケジュールを組んでおくことが必要です。

ただし、諸般の事情により、超特急で納品をお願いしたい、といった場合は、特別料金を払うことでクライアントの要望に応えてくれる会社もあります。

1文字当たりの単価と難易度に応じた単価の違いは明確か

翻訳会社の公式サイト上で、単価の目安が示されていることがほとんどです。

言語の違いや翻訳の難易度等に応じ、単価の違いがあらかじめ明示されていると依頼しやすいでしょう。

もちろん、依頼前に見積もりをしっかりとって、納得したうえでお願いしましょう。

公式サイト上で、実際にいくらかかるか、シミュレーションできる翻訳会社もあるので、一度試してみるのもおすすめです。

サポートは手厚いか

翻訳会社側のサポート体制も、気になるポイントです。

特に、納品後に質問がある場合のレスポンスの速さは重要です。

どんなにクロスチェックをかけたとしても、納品後に修正を依頼したい、内容が分からないといった問い合わせは避けられないので、ある程度柔軟に対応してくれるかどうか確認しておきましょう。

秘密保持は万全か

翻訳会社に依頼する文書のほとんどは、外部に流出したら、依頼者にとって大きな損害になるものばかりです。

いわば企業秘密の塊であり、受託する翻訳会社においても高度な秘密保持と情報セキュリティを担保する体制が必須となります。

この辺りが担保されているかどうかについては、社内体制やISO等の国際規格の取得状況などを確認しておくとよいでしょう。

英語をはじめ多言語対応が得意なおすすめ翻訳サービス会社をご紹介

ここからは、多言語対応が得意なおすすめ翻訳会社を順次ご紹介します。

・実績・料金・品質のバランスが良い翻訳会社

・対応可能な言語数が豊富な翻訳会社

・相場よりも格安料金で依頼可能な翻訳会社

・特定分野の専門性を重視する方向けの翻訳会社

以上4つのカテゴリーに分類し、それぞれ3社ずつおすすめ順に紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

実績・料金・品質のバランスがよい翻訳会社3選

1位:株式会社ファーストネットジャパン(ファーストネット翻訳サービス)

ファーストネット翻訳サービス

株式会社ファーストネットジャパン(ファーストネット翻訳サービス)の特徴

ファーストネット翻訳サービスは、大阪拠点の翻訳会社です。

IT企業「ファーストネットジャパン」の翻訳部門として、常時数百人のフリーランス翻訳者を確保しており、2013年からサービスを提供しています。

対応可能な言語としては、英語・中国語・韓国語・フランス語・ドイツ語・オランダ語・イタリア語・ロシア語・スペイン語・ポルトガル語・タイ語・ベトナム語の計12か国語を扱っています。

翻訳可能な分野としては、ホームページやマニュアル、契約書、ニュース、設置案内板、映像、飲食メニュー、観光案内パンフレット、小説・エッセイなど多岐にわたります。

気になる翻訳料金については、英語の場合次のとおりです。

翻訳者の経験年数等に応じた品質と料金となっており、わかりやすいのではないでしょうか。
(専門性の高いものは、単価があがりますので、詳しくはお問い合わせください)

【エコノミー翻訳】(翻訳経験3年未満)
・英語から日本語:1単語10円~
・日本語から英語:1文字8円~

【スタンダード翻訳】(翻訳経験3年以上)
・英語から日本語:1単語12円~
・日本語から英語:1文字10円~

【ハイクオリティ翻訳】(スタンダードの翻訳者2人体制で)
・英語から日本語:1単語19円~
・日本語から英語:1文字17円~

ファーストネット翻訳サービスの概要

会社名・事業者名 株式会社ファーストネットジャパン(ファーストネット翻訳サービス)
URL https://www.1st-translation.biz/
TEL 06-6777-3688
会社所在地 〒541-0058 大阪市中央区南久宝寺町1-7-10 シャンクレール南久宝寺201
設立年月日 2004年12月1日

2位:ブレインウッズ株式会社

ブレインウッズ

ブレインウッズ株式会社の特徴

ブレインウッズ株式会社は、2000年設立の東京拠点の翻訳会社です。同社では翻訳のほか、通訳や映像翻訳サービスを提供しています。

対応可能な言語数は、英語のほか、フランス語、中国語、ベトナム語など12か国語となっています。

同社では、実務翻訳者640名、映像翻訳者270名など多数の専門スタッフと契約しており、ネイティブとバイリンガルスタッフの共同作業により、高品質な翻訳原稿に仕上げます。

得意なのは、IT、医療、金融、広告、製造業などの専門分野の翻訳です。

気になる翻訳料金は、英語と日本語の場合はつぎのとおり。

・英語から日本語:1単語12~24円
・日本語から英語:1文字10円~23円

対応言語、仕上げレベル、文字数などに応じて概算費用が把握可能なので、気になる方は同社公式サイトでチェックしてみてください。

ブレインウッズ株式会社の概要

会社名・事業者名 ブレインウッズ株式会社
URL https://www.brainwoods.com/
TEL 非公開
会社所在地 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前 3-1-30 H1O 青山 504〜506
設立年月日 2000年9月1日

3位:株式会社アットグローバル

アットグローバル

株式会社アットグローバルの特徴

株式会社アットグローバルは、2002年創業の翻訳会社です。

これまでの翻訳実績は10万件以上。

得意な分野は、IT関連文書、ビジネス文書、アウトバウンド・海外進出、インバウンド・観光、医学・医療、精密機器、法律、マーケティング、行政関係、財務金融、マスメディア、学術論文など多岐にわたります。

対応可能な言語は、アジア、ヨーロッパ、中東、アフリカ、南米など40以上

「スタンダード」「ハイクオリティ」「ドラフト」の3つのプランがあります。

例えばどのような内容なのかが理解できればいい、仕上げはクライアント自身でおこなうので粗々の訳で構わない、といった希望を伝え、無料見積もりを依頼すると、クライアントの希望に応じて、最適な納期と金額を提示してくれます。

24時間以内の大急ぎの依頼にも対応可能ですので、気になる方はぜひ相談してみてください。

株式会社アットグローバルの概要

会社名・事業者名 株式会社アットグローバル
URL https://www.atglobal.co.jp/
TEL 03-5778-7617
会社所在地 〒107-0061 東京都港区北青山3-6-7 青山パラシオタワー11階
設立年月日 2002年2月4日

対応可能な言語数が豊富な翻訳会社3選

1位:ワールドインテリジェンスパートナーズジャパン株式会社(WIPジャパン株式会社)

WIPジャパン

WIPジャパン株式会社の特徴

WIPジャパンは、1995年創立以来28年の実績を持つ大手の翻訳会社です。

対応可能な言語は、英語・中国語・韓国語・インドネシア語・タガログ語その他のアジア言語・フランス語・スロバキア語など、翻訳業界最多の139言語です。

翻訳費用としては、英語の場合

・英語から日本語:1単語18円~
・日本語から英語:1文字16円~

となっています。

「もっと理解しあえる世界を作りたい」を基本理念に、業界屈指の海外ネットワークと、専門人材をそろえた翻訳会社として業界でも評判です。

マイクロソフトやJTBなどの大手企業をはじめ、これまでに、7,000社以上から、47,000件以上の翻訳案件を受注しています。外務省などの海外とつながりが深い官公庁からも依頼があります。

契約している翻訳者は約6,500名で、医療・医薬やIT・通信、観光インバウンドなど多彩な専門分野に対応可能です。

WIPジャパン株式会社の概要

会社名・事業者名 ワールドインテリジェンスパートナーズジャパン株式会社(WIPジャパン株式会社)
URL https://japan.wipgroup.com/index.html
TEL 03-3230-8000(代表)
会社所在地 〒102-0074 東京都千代田区九段南1-6-5 九段会館テラス1F
設立年月日 1995年11月

2位:株式会社翻訳センター

翻訳センター株式会社翻訳センターの特徴

翻訳会社「翻訳センター」は、知名度の高い翻訳会社です。

取引企業数は4,400社規模、年間の翻訳取扱件数は54,000件と業界屈指で、官公庁や上場企業から多数の依頼が寄せられます。

また、※「世界の言語サービスランキング トップ100 アジア太平洋部門」で売上高2位にランクインするなど、世界規模で見ても有数の実績があります。

※Common Sense Advisory 発表「2020 Rankings of Largest LSPs in the World」より

対応可能な言語は、英語、中国語、フランス語、ハンガリー語など世界80言語です。

翻訳センターは、医薬、特許、工業・ローカライゼーション、金融・法務の4つを専門に、品質の高い翻訳サービスを提供しています。

納品後60日以内なら何度でも質問できるなど、アフターケアも手厚く、2020年3月末までのリピート率は76%と高水準です。

(翻訳費用の目安が掲載されていないため、直接お問い合わせください)

株式会社 翻訳センターの概要

会社名・事業者名 株式会社 翻訳センター
URL https://www.honyakuctr.com/
TEL 03-6369-9964
会社所在地 大阪府大阪市中央区久太郎町4丁目1番3号 大阪御堂筋ビル13階
設立年月日 1986年4月

3位:Accent株式会社

アクセント

Accent株式会社 の特徴

翻訳会社Accentは、東京拠点の翻訳会社です。

対応可能な言語は、英語をはじめ世界の希少言語・方言など56か国語に及びます。

モットーは「心の通うコミュニケーション」。顧客に応じて個別の「翻訳制作カルテ」を作成しています。

翻訳料金は、翻訳対象の分野に応じておおむね以下の通りです。

・外国語→日本語(1単語):11円~18円
・日本語→外国語(1文字):9円~16円

プロジェクトマネージャーや翻訳家、エンジニアなどがチームを組み、発注から導入・アフターケアまでサポートする体制を組んでいます。

そのため、一般的なビジネス文書から業界用語が多い技術系・医学系文書など、高度な専門性が求められる案件まで対応できるのです。

これまでに旭化成、三井造船、自治体国際化協会シンガポール事務所など、多くの主要企業・団体に豊富な実績があります。

Accent株式会社の概要

会社名・事業者名 Accent株式会社
URL https://japan.accent-corp.com/
TEL 0120-979-363
会社所在地 〒100-6208 東京都千代田区丸の内1-11-1 パシフィックセンチュリープレイス8F
設立年月日 2004年8月

相場よりも格安料金で依頼可能な翻訳会社3選

1位:株式会社福大(翻訳会社FUKUDAI)

福大

株式会社福大の特徴

翻訳会社「FUKUDAI」は、福岡に拠点のある翻訳会社です。

対応可能な言語は、英語・中国語・フランス語など14か国語

「お客様に喜んで頂ける翻訳」の提供を目指し、高い品質の確保、コストダウン、プロセスの最適化など、さまざまな経営努力をおこなっています。

翻訳単価(英語の場合)は、

・英語から日本語:1単語12円~
・日本語から英語:1文字9円~

と相場よりも格安ですが、豊富な知識・経験と修士や博士の学位を持ち、独自の厳しい選考に合格したプロが翻訳するので安心です。

対応可能な分野は多岐にわたっており、Webサイト、工業製品、各種マニュアル、金融財務、法律、医療、学術論文、各種公的証明書など専門性の高い分野もOKです。

これまでに5,000社以上から依頼を受けており、住友商事やパナソニックなどの大手企業をはじめ、内閣府や埼玉県庁などの官公庁もあります。

株式会社福大の概要

会社名・事業者名 株式会社福大(翻訳会社FUKUDAI)
URL https://www.fukudai-trans.jp/
TEL 092-559-3001
会社所在地 〒815-0048 福岡県福岡市南区若久団地8番1号
設立年月日 2010年7月(1999年6月創業)

2位:株式会社グローヴァ

株式会社グローヴァの特徴

グローヴァ

翻訳会社「グローヴァ」は、東京に拠点のある翻訳会社です。

対応可能な言語は、英語・中国語・韓国語・タイ語・アラビア語・フランス語・ドイツ語などをはじめ、世界30言語以上

「必要な翻訳を必要なだけ適切な価格で」をコンセプトに、予算や希望する品質などに応じて見積もってくれます。

例えば最安値の「激安翻訳」は、次のようなプランです。

「ラフな翻訳でいいからとにかく安く」というお客様には、機械翻訳をベースに間違いを人間が修正する方法で、次のような驚きの低価格を実現しました(英語の場合)。

・英語から日本語:1単語6円~
・日本語から英語:1文字3円~

もちろん専門性が求められる翻訳も得意です。

グローヴァではIT・情報通信、医薬・化学、特許・知財など各分野の専門家と提携しており、内容や納期等に応じて、ベストなプランを提案してくれます(専門性が高い翻訳や、求める品質が高い場合の単価は公式サイトをご覧ください)。

機密確保と品質確保を徹底し、信頼を集めているため、官公庁や大手企業など取引実績は8,000社以上に及んでいます。

株式会社グローヴァの概要

会社名・事業者名 株式会社グローヴァ
URL https://www.glova.co.jp/
TEL 03-6685-9571
会社所在地 〒101-0051 東京都千代田区神田神保町3-7-1 ニュー九段ビル
設立年月日 2000年1月

3位:株式会社Gengo

gengo

株式会社Gengoの特徴

株式会社gengoは、横浜拠点の格安翻訳会社です。

対応可能な言語は、英語、中国語、ロシア語、スロヴァキア語、クロアチア語など48か国語となっています。

世界で21,000人以上のプロ翻訳者ネットワークを持ち、全ての時間帯で依頼に対応できるのが強みです。

気になる翻訳料金について、英語と日本語ペアの場合はつぎのとおり。

最も安い「スタンダード」プラン(日常的コンテンツ)

・英語→日本語:1単語9円
・日本語→英語:1文字5円

「プレミアム」プラン(ビジネスコンテンツ)

・英語→日本語:1単語17円
・日本語→英語:1文字9円

同社Webサイト上から文章をアップロードするだけで、翻訳を依頼できる手軽さもgengoの特徴の一つ。

効率・迅速を重視したい方にもありがたいサービスです。

株式会社Gengoの概要

会社名・事業者名 株式会社Gengo
URL https://gengo.com/ja/
TEL 045-640-4664
会社所在地

〒220-8142 神奈川県横浜市西区みなとみらい2-2-1-1 横浜ランドマークタワー42階

設立年月日 2009年6月

特定分野の専門性を重視する方向けの翻訳会社3選

1位:株式会社ホンヤク社

ホンヤクシャ

株式会社ホンヤク社の特徴

株式会社ホンヤク社は、東京都港区拠点の翻訳会社です。

対応可能な言語は、英語、中国語、ロシア語、モンゴル語など37か国語となっています。

特に得意なのは、工作機械をはじめとする工業分野の翻訳です。

⽂書の形式は、各種マニュアル、仕様書、契約書、特許関連など多岐にわたります。

案件の性質上ボリュームが大きくなることから、ホンヤク社では機械翻訳などのIT技術を駆使し、翻訳作業の効率化やコスト削減にも努め、同時にミスを防ぐ工夫も怠りません。

翻訳サービスのほか、各種マニュアルの作成、掲示物、校閲、コンサルティングなど、クライアントのニーズを踏まえ、外国語を使うあらゆる媒体に対応できます。

また、AIを使った多言語ナレーションサービスを提供できるのも、同社の強みです。

株式会社ホンヤク社の概要

会社名・事業者名 株式会社ホンヤク社
URL https://www.translatejapan.com/
TEL 03-6841-1121
会社所在地 〒105-0022 東京都港区海岸1-15-1 スズエベイディアム 9F
設立年月日 1972年2月20日

2位:株式会社インターコムプランニング

インターコムプランニング

株式会社インターコムプランニングの特徴

株式会社インターコムプランニングは、東京都台東区拠点の翻訳会社です。

対応可能な言語は、英語を始めアジア、ヨーロッパ、中南米など70言語以上とのこと(詳細はお問い合わせください。)

特に得意なのは、ソフトウェアのマニュアルやホームページの翻訳など、IT関連の翻訳やローカライズです。

この分野で30年以上の実績があり、Microsoft製品全般のマニュアル、プレゼン資料、研修資料など多岐にわたる経験を重ねています。

翻訳は3〜4人のチームでプロジェクトを進め、品質管理室による多方面からの品質チェックをおこなうので、完成度が高い翻訳を実現しています。

気になる翻訳費用は、英語の場合

・英語から日本語:1単語12円~(校閲込みの場合、15円~)
・日本語から英語:1文字12円~

となっています。

株式会社インターコムプランニングの概要

会社名・事業者名 株式会社インターコムプランニング
URL http://www.it-honyaku.jp/
TEL 03-5830-6977
会社所在地 〒110-0015 東京都台東区東上野4丁目8−1 TIXTOWER UENO 8F
設立年月日 1988年3月

3位:株式会社トランスワード

トランスワード

株式会社トランスワードの特徴

株式会社トランスワードは、1997年設立の広島拠点の翻訳会社です。

対応可能な言語は、英語のほか、中国語、タイ語、ベトナム語、韓国語などのアジア圏の言語、フランス語、スペイン語、アラビア語などもOKです。

特に得意なのは、技術翻訳(仕様書、マニュアル、IT関連など)です。

自動車、電気、電子、コンピュータ、工作機械、産業機械、家電機器、半導体、 化学など、日本のモノづくりに関する幅広い分野で経験があります。

社内の統一基準及びフォーマットに従い、受注から翻訳、チェック、納品まで一括しておこなうので、短納期・高品質な翻訳が可能です。

(翻訳料金については公表されていないので、メールや電話で個別にご相談ください)

株式会社トランスワードの概要

会社名・事業者名 株式会社トランスワード
URL https://www.transwd.com/
TEL 082-506-3233
会社所在地 〒732-0048 広島市東区山根町27-1-712
設立年月日 1997年10月

翻訳会社のおすすめ12選!選び方のポイントとランキングで比較し紹介のまとめ

以上、多言語対応可能なおすすめの翻訳会社を12社ご紹介するとともに、選び方のポイントなどについても説明してきました。

翻訳を依頼する目的や分野に応じて、複数の候補先に見積もりを依頼し、貴社のニーズに合った依頼先を見つけていただければ幸いです。

なお、当記事は弊社「ファーストネットジャパン」(ファーストネット翻訳サービス)が作成しました。

翻訳を依頼したい案件がございましたら、ぜひ当社にもお問い合わせください。

Webサイトの翻訳で
お困りごとはありませんか?

英語・中国語の翻訳会社なら【ファーストネット翻訳サービス】

  • 経産省・電通・テレビ朝日などの大手企業から官公庁も利用
  • 「高品質」「低価格」「スピード翻訳」が特長
  • 「日本語能力N1を取得しているネイティブ翻訳者」「TOEIC900オーバーで英検1級を保有している日本人」など各分野に精通した翻訳者が担当

英語・中国語・韓国語・フランス語・ドイツ語・オランダ語・イタリア語・ロシア語・スペイン語・ポルトガル語・タイ語・ベトナム語・やさしい日本語に対応した……

「ファーストネット翻訳サービス」へご相談ください!

【無料お見積り】はこちら